世の余について

身体は、一番身近な自然。
絶えず揺らぎ、小さく変わり続ける生命体は、
外側の環境と影響し合いながら、連鎖のなかで共存しています。
[余]は、髪の土壌である頭皮からこの環境を見つめ、
心身から整えてきました。

わたしという輪郭が溶けて、世界になる。

[世の余]は、身体を出発点に、
より大きなスケールで自然の声を聞きながら、
世界を記述し、より良い生活を考え続けます。


2023年3月より掲載開始予定